2017年秋アニメ を見ていこう会議

気がついたら2週目に突入しておりますが、今期は楽しみな作品が多いので印象を書き残しておきたい

f:id:porimern:20171017220725j:plain

ラブライブ!サンシャイン!!

www.lovelive-anime.jp


今期大本命であり、オタクなら必修科目と思われる作品
1期の終わりに盛り上がりを感じたが、2期が始まるまでの間は結構落ち着いていた印象、ライブもきちんと行われていたし、ソシャゲもそれなりにプレイされているとは思うのだが、既に大規模IPとなっているコンテンツのため、μ’sの時のような下克上感が薄くなったのが要因か、とはいえ前作も二期が始まってからのほうが盛り上がりは大きかった記憶、本作の終了後どのようにオタク勢力図が変化するのか楽しみ

細かい設定とか、話の流れよりも、とにかくキャラのエモさと可愛さを全面に押し出し、ひたすらに感情訴求を追求する姿勢はブレが無い、細かい事を気にする人には向かないけど、OPのライブシーンや、キャラの描写を見て、キスマイの宮田君みたいになる人の方が多いと思われる、個人的には曜ちゃんが好きなので、今期も友情を拗らせたりしながら頑張って欲しい

キノの旅

www.kinonotabi-anime.com

好きなイラストレータを上げろと言われると、自分は黒星紅白さんの名前を挙げる*1、イラストを担当したラノベを読んだり、画集を買ったり、HPやSNSを継続して追いかけているのはこの人ぐらいだ、好みのジャンルが自分と近いため、好きなキャラの二次創作をしてくれるたび画面に向かって拝んでいる

活動歴も長く、携わった作品も多岐に渡るのだが、キャラデザした作品がアニメ化してヒットに繋がる事が少ない、デザインは質が高いと思うのだが、シナリオと上手くかみ合っていない感じがする*2キノの旅も、一度アニメ化されているのだが、当時の作品の印象が残っている人は殆どいないんじゃないだろうか

再アニメ化が発表された時は、どちらに転ぶか不安だったが、1話を見た限り、原作に流れるソリッドな世界観が上手に表現されていた、ラノベ原作だが、近年のゆるふわワールドと言うより、わりとハードで骨太な世界観なので、その辺りを上手く汲み取ってくれた制作陣に感謝したい、見るのに体力を使うかもしれないが、おすすめしたい作品

ドリフェス

anime.dream-fes.com

女性向けアイカツ! CDデビューが決まってますます頑張るアイドルたちのお話、スタッフがそのままスライドしているので、アイカツ!を楽しめた人は絶対楽しく見れちゃう、キャラクタの躓き具合とか、シナリオの展開とかみてると、そうそうこれが見たかったんだよーってなる

あと、これを書くと真剣に応援してる人に怒られそですが、前作で1クールは声優の経験をしたはずなのに、相変わらず滑舌が悪い、その辺も含めて中の人を愛するというのが正しいスタイルだとは思うのだが、最近のアニメではちょっと珍しいぐらいの滑舌なので、興味本位で1話だけ見るというのも有りと思う

個人的に、KUROFUNEのよく分からないテンションの台詞回しが好きなので、引き続き開国とか即位してほしい

おそ松さん

osomatsusan.com

前作があれだけ大爆発していたので、ここから二期をやるのは色々大変だろうなあと思っていたが、想像を上回る出来に仕上げているのは流石、自分たちの作品を支持するファンでさえ、ギャグの対象として消化してしまうのは、このタイトルと制作陣でなければ出来なかったと思う

ギャグの瞬発力や理不尽さについては、原作者のテイストを上手く生かしているし、やっぱおそ松さんはコレだよなという世界観を継続出来ているのが凄い、1期ほどの爆発は無いと思うが、安定して人気を集めそうな強さを感じる ハチャメチャっぷりに目が行きがちだけど、色彩設計とか、背景の作り込みとか凄いですよね、型がちゃんとしてるから、型を破れるという事を教えてくれる。

血界戦線 & BEYOND

TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」公式サイト

相変わらず質が高い、前シリーズ放映前後のタイミングに、漫画も全巻読んだのですが、原作からの落とし込みっぷりは近年希に見るレベルだと思う、アクションがとにかく気持ちよく、だいたい1話で完結するので、設定さえ分かっていれば、飛ばしてしまっても何とかなるのも良い

アイドルマスター SideM

imas-sidem.com


安定のA1クオリティであり、765、346の時と同じく、気持ちよくアニメを楽しめる、元も子もない話だが、やはり顔が良いアニメは良い 登場人物がとにかく多い、いつものアニマスの流れの通り、各キャラクタの深掘りはこれから、1話時点の感想として、何でこの人達アイドル始めたのかさっぱり分からん感が強い、ソシャゲスタート時にもさんざん同じ事言われていたと思うが、同性として、安定収入を捨てて夢を追いかけるスタイルにはドキドキが止まらなくなっちゃう だか、これは女性向けコンテンツなので、おっさんがどんな感想を抱こうが関係は無いのだ

一人挙げるならば、ピエール君の可愛さが半端なかった 最近、キャラクタの造形が良ければ、性別が男だろうと、「可愛いから・・・良いよな・・・」みたいな認識してしまうの本当に危ない 

*1:初めて名前を知ったのは、カラフルピュアガールという雑誌に掲載されていたイラストだったと思う

*2:個人的に良かったのは、シゴフミと前クールのプリプリか

キラキラ☆プリキュアアラモードLIVE2017 スウィート☆デコレーションに行ってきた

www.marv.jp

もう一週間経ってしまった、今の気持ちを残すために、不格好だけど上げる

ライブしてない事が不思議なシリーズ

プリキュアシリーズは、実力があるクリエイターが集結し、年間のシリーズを通して安定したクオリティを発揮している作品なのは疑いが無いだろう シナリオ、作画はもちろん、素晴らしい楽曲も毎年提供されている、分かりやすい所では、OP・ED曲だろうか、ちなみにEDは年間で2曲用意されている、さらに劇場用主題歌や、キャラソンが年間10曲以上は提供されている、毎年見ている人には周知の事だが、プリキュアにキャラソンがあるという事を知らない人の方が多いと思う*1、ところが、それだけの楽曲があるのに、今まで声優さんによるライブを開く事は無かった

近年の国内アニメは、収益の方法を、映像メディア販売から、放送終了後の体験型イベント(声優ライブ・舞台等)にシフトしているが、プリキュアの収益の柱は、伝統的な玩具販売がメインとなっている、毎年、力のある声優陣に、良質な楽曲を提供していたので、ライブを行う素地は持っていたと思うが、玩具販売という強力な柱があった事と、メインの対象年齢向けには、着ぐるみショーが日常的に行われているため、そちらを伸ばす事に重点を置いていたと思われる

今年は違った

シリーズ終了が見えてきたタイミングで、次回作のキャストが発表されるのが通例となっているが、今年はこの発表の段階から力の入り方が窺えた、詳細はリンク先の記事に譲るが、明らかに歌唱できる声優陣をキャストに据えている*2

www.animatetimes.com

さらに、本編放映時にキャラソンのCMが流れ、CDの発売記念イベントも行われた、例年には無い展開に、ライブへの期待が高まる、そしてそれは現実のものとなった

やって欲しいことを全部やってくれた

ライブの詳細について、ここで細かい事を書くことは避けたい、10年近くプリキュアシリーズを見てきた人間にとって、最高の空間が広がっていた、感想としてはそれで十分だと思う 声優としての演技だけでなく、歌唱でもそれぞれのキャラを表現しきってくれたキャスト勢には感謝の言葉しかない、プロフェッショナルな仕事を見せてくれた一日でした

北川理恵さんについて

サプライズで前作「魔法つかいプリキュア!」のOPと、前々作「Go!プリンセスプリキュア」のEDを歌ってくれたのが本当にうれしかった、少なくとも1年半の間、毎週この人の歌を聴いて過ごしていたわけで、感動しないわけがないです

歌唱はとんでもなく上手な方なのですが、MCの時とか、歌っている以外タイミングだと、面白お姉さん感満載で、すっかり好きになってしまいました、またプリキュアシリーズの歌唱を担当される可能性はあると思うので、陰ながら応援していきたいところ

*1:レンタル店に行くと、結構過去作品のアルバムが並んでいる

*2:去年や一昨年のキャストも、ライブする事が可能な声優さんだったとは思う

CC福岡44に参加してきた

f:id:porimern:20170919234905j:plain


  • 久々のCC福岡
  • 台風接近と同時開催
  • 配布物について
  • 写真を撮るという事
  • 撮影させて頂いた写真

久々のCC福岡

思い返せば、初めて同人誌出したのはCC福岡だったし、コスプレ撮り始めたのもCC福岡だった、節目となる出来事が多いイベントで、今回も楽しい一日となりました

首都圏から九州に転勤してすぐの時期には、都心イベントとの規模感の違いから、地方イベントを下に見てしまう*1時期もありましたが、アクセスの良さ、ほどよい規模感*2、一度離れるとよく分かる、参加者同士の距離感がやっぱり良いし、全国的に見てもバランスのとれたイベントだと感じるようになりました

2年ほどブランクが空いての参加でしたが、九州時代の知り合いに多数お会いできました、オタク活動において2年て結構長い期間だと思うのですが、以前と変わらず話しかけてくれたり、相手してくれたのは本当に有り難かった

台風接近と同時開催

開催当日に、九州地方に台風が上陸する予報が出ており、前日からJRは運休を決定、西鉄バスが運行を止めると、開催されても来場出来ない人が多数発生する状況 しかし、そこは流石の西鉄バス、予報通り当日朝に台風が上陸しましたが、バスの運行は止めることなく、帰りの時間まできっちり運行、九州人が全幅の信頼を置いている意味がよく分かる一日でした

配布物について

今回、新刊と呼べるものは、りょくをさん謹製のシールしかなく、オンリーイベント配布した既刊を改めて持ち込んだものが多かった、告知ツイートは出していたが、反応も少なく、2年間ブランクのあるサークルには、あんまり足を運んでもらえないのではないかと予想していた

首都圏のイベントでは開場から1時間ぐらいが勝負で、この時間帯以降は、時間の出来たサークル参加者がぽつぽつ買いにきてくれる程度だった 今回のCC福岡の場合は、開場直後に大きな人の波は生まれないが、午後になっても人の流れが途切れず、後半からも割と人が来てくれていた 想像でしかないが、首都圏のイベントと比較して、開幕ダッシュしないと手に入らない配布物が少なく、開場時間に合わせて来場する人ばかりでない事と、九州全域から参加者が集うため、会場への到着時間がかなり分散する傾向が考えられる あと台風も接近してましたし

思いがけず良かった点としては、既刊をCC福岡で配布した事を喜んでくれた人がいたこと、オンリーイベント向けの告知はそれなりに拡散されているようで、Twitterで見かけて欲しかったが、首都圏のイベントなので買いに行けなかった人にとって、今回の配布は丁度良かったみたい、今後も首都圏のイベント向けに新刊を発行する形になると思うが、平行してCC福岡や広島コミケ等にも参加する形を取りたいところ

写真を撮るという事

イベント後に、カメラで集まって俺の撮影したさいきょう写真自慢大会をしてきた、レイヤーさんに刺されそうな邪悪な集まりだが、写真を撮るモチベーションが迷子になっていた自分にとっては、やってきた事を見返す良い機会になった

首都圏を離れ、新しい土地に来てから、撮影する機会が減っている。 同じように活動を続けるには、新しい土地で新しい関係を構築してゆかなければならないのだが、諸々の事情でこの半年間動かずにいた 

その間、SNS越しに流れてくる写真を眺めるだけの日々を過ごしていたが、これが精神的によろしくなかったSNSに流れてくる写真というのは、RTや良いねがたくさん付いている写真が多いわけで、端的に言うと、人の撮った写真が羨ましくなり、自分の写真が評価されないのはオカシイと考えるようになっていた、完全に妬みである。

人と会って話すとハッキリ思い出すのだが、SNSでの評価というのは、決して正確な指標ではない、もちろん、いいねが多い写真は良い写真である可能性は高いが、いいねが付いていないからダメだという事ではない、写真そのものとは関係ない部分でバズる事だってあるし、広く拡散される分、不確定要素の多い指標だという事を忘れてはいけない

過去2年分ぐらいの、さいきょう写真を選定していて改めて思ったのは、自分だって結構良い写真を撮っているという事だ、撮影をすれば、レイヤーさんに喜んで貰えていたし、勝手に悲観的になり自信を失う必要は無かったのだ、出来る事をこれからも続けて行けば良いのだと、闇のカメラ達と騒ぐ事で再認識する事が出来た

*1:偉そうすぎる

*2:全九州+中国エリアから人が集まるため裾野が広い

続きを読む